映画・テレビ

2019年12月18日 (水)

新選組映画など

司馬遼太郎氏不朽の名作「燃えよ剣」映画予告が公開されました。
期待大です!

これを機に原作小説を新たに買って再読しているのですが、やはり面白いです。
司馬氏の小説は、登場人物がどんな心理状態で判断・行動したのか、というところが極めて綿密に描かれているのが特徴的ですね。

 

新選組映画といえば浅田次郎氏原作の「壬生義士伝」も好きです。

朝廷から賜る「錦の御旗」が正規軍の証・・というシーンが、日本における皇室の権威を象徴していると思います。
家族のために名誉を捨てて「生きること」を選んだ男が、最終的には「義」に殉ずる、という壮絶な話でして、かの「永遠のゼロ」は本作オマージュだとか。


(映画よりもドラマの方が現実に忠実でした)

 

もうひとつ、新選組映画といえばこちらも司馬氏原作「御法度」ですが。

こちらは「結局、〇〇の痴話喧嘩・・?」と肩透かしをくらった感がありました(あくまでも個人的感想です)。

とりとめのない話になってしまいました。

 

 

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ