日記・コラム・つぶやき

2021年4月11日 (日)

海辺の蔵カフェと桃源郷

4月11日は不定期の女子会で「海辺のキッチン倶楽部もく」さんへ行きました。

Img_20210411_173559_076 Img_20210411_173559_113 

「もく」さんには周囲に「行きたい!」という方が多く、私自身もよく訪れています。

笠島満喫ランチは地元産の食材を使ったメニューで、ふだんは海産物が中心ですが、今回は山菜も取り入れられ、美味しくいただきました。

またお店は蔵を改装しているので、天井が高く風情があります。

隣接する蔵ギャラリーでは店主さん(ご主人)のお手製・木彫り観音様が展示されていました。

生き生きとした表情で今にも動き出しそうです。

Img_20210411_173559_240Img_20210411_173559_250

4月からは新たな企画「恋話(こいばな)ロード巡り」もスタートし、先日のモニターツアーに参加した方が早速リピーターとしてご利用だそうです。

Img_20210411_173559_226_20210413025601

「もく」さんの店主さんご夫妻の前向きな姿勢にはいつも勇気をいただいています。

恋話ロードは柏崎の西部地区を中心にした観光コースになっているので、ぜひ多くの皆様にご利用いただきたいです。

 

食後は最近話題になっている谷根の花桃を見に連れて行っていただきました。

Img_20210411_181009_426

Dsc_2147 Dsc_2148 Dsc_2152 Dsc_2154

「桃源郷」とも言われる観光名所であり、谷根地区の美しい景観を華やかに彩っていました。

谷根地区では地元の方々が地域に誇りを持ち、魅力や価値を高める取り組みを続けていると感じます。

こうした自主的な取組を応援しながら、市民が誇りを持てる柏崎にしていきたいと思うところです。

運転していただいたN様、ありがとうございましたm(__)m

 

2021年4月10日 (土)

みんなのにじいろカフェ

4月10日は地域共生こども食堂「みんなのにじいろカフェ」スタッフとして参加しました。

169233136_854506275110094_86585882465272

毎月第2土曜日のお昼に東本町の「キッチンぽてと」で開催してきましたが、今年度からは錦町の「カフェミルク」(社会福祉法人ロングラン内)に移転しました。

メニューはおまかせカレー。子ども100円・大人200円です。

今回は私がメニュー・買い出し担当で、シンプルなポークカレーと春キャベツとごぼうのサラダにしました。

野菜はJA柏崎の直売所「愛菜館」で、その他は「業務スーパー」で購入しましたが、冷凍食品の進化に驚きました・・。

171201676_856862561541132_83085075672077

調理自体は余裕を持って終えたのですが、スタートと同時に大勢のお客様が来場し、最初の20分で満席に。

途中でご飯を追加で炊くなど、これまでにない盛況ぶりでした。

いつもは40(多くても50)名程度を見込んでいるのですが、今回はスタッフも入れると60名を超えたそうです。

開始して間もない頃は、待っていても中々お客様が来ないこともありましたが、4年目ともなるとリピーターも増え、安定した客数を見込めるようになりました。

お子さんを連れた方が多く、何度もおかわりをして元気に帰っていく姿を見ると、やりがいを感じます。

今回は初めて厨房を使わせていただくため、ロングラン職員で厨房を担当するTさんから色々と教えていただきました。貴重な休日にありがとうございました。

こども食堂とは?目的やメリット、これからの課題、支援方法などについて解説

 

2021年3月30日 (火)

雪割草

3月30日、「西山雪割草園」さんを訪問しました。

こちらは園主氏の仕事の都合もあり、毎年3月に約1週間開園し、丹精込めて育てられた約1500鉢(!)の雪割草を展示・販売しています。

ですが残念ながら今年はコロナ禍のため中止にしたそうです。(県外ファン多数のため・・)

園主氏が雪割草に出会ったのは23年前。素朴ながらも芯の強さを感じさせる独特の魅力に惹かれ、独自研究によりオリジナルな新花を育て、今では全国・海外にファンを持つ人気園に。

「二段咲き」と呼ばれる独特の花弁は特に人気とのこと。色も形もオリジナリティにあふれています。

Img_20210330_181212_905

花だけでなく葉も美しく、力強さを感じます。

雪割草の花言葉は「自信」「はにかみ屋」、英語だと「confidence(信頼、自信)」だそうです。

ソウイウヒトニ、ワタシハナリタイ、ですね。

2021年3月29日 (月)

社会福祉法人の使命

3月29日、社会福祉法人ロングランさんの評議員会に出席しました。

社会福祉法人の経営組織【厚生労働省】

これまでの活動や新年度事業・体制などを確認し、人材育成と地域ニーズ、BCP(事業継続計画)についての質疑なども行われました。

国は「住み慣れた家や地域で暮らすこと」を推奨していることから、障がい福祉分野の地域ニーズは年々高まっています。

それに応えるべく人材育成やBCP確立に取り組み、「何があっても極力サービスを止めない」という姿勢に感銘を受けました。

*創作活動

Dsc_2038

*就労継続支援b型施設「キッチンぽてと」ランチ

Dsc_2039

社会福祉法人は税金等で優遇されていますが、その分、地域社会に対する貢献度を高めることが求められていると思います。

私自身も以前は社会福祉法人で働いていましたが、人材不足を理由に入所施設が定員を満たせないことには、ずっと疑問を抱いていました。

福祉分野のニーズは「命・人生に関わる」と言っても過言ではないような、切実なものが大半だと思います。

ただ単に人を集めればいいわけではなく、使命感を持って業務を継続させようとする人材を育てていくことが、これからの福祉業界(介護も含む)の課題なのかもしれません。

令和3年度からは 介護・福祉従事者人材育成・確保支援事業 がスタートします。 

「誰もが最期まで安心して暮らせるまち」にするための人材育成・確保であることを意識しながら、事業についても注視していきたいと思います。

2021年1月 1日 (金)

謹賀新年「ただいま、おかえりと言える柏崎へ」

新年明けましておめでとうございます。

旧年中には多くの皆様のお世話になり、心から感謝申し上げます。

昨年は新型コロナウイルス感染拡大という未曽有の事態により、世界中が多大なダメージを受けた1年でした。

令和3(2021)年はこの状況が収束し、皆様が心穏やかに暮らせる1年となることを祈念いたします。

135221904_3562243160559682_4781219647113

(久しぶりに動物おにぎりを作りました。柏崎産コシヒカリを使用しています)

さて、大晦日は実家に帰省し、地元・坂田神社の二年詣りに伺いました。

ただし感染防止や積雪による急な石段での事故防止のため、今回は地元集会所に参拝会場を移設して執り行われました。

大雪でしたが30名近くの方々が参拝されました。

134364251_3562782897172375_1436008797989

本会場ではシトラスリボンが頒布され、その趣旨について説明がありました。

シトラスリボンプロジェクトfrom ehime

(以下HPより引用)

シトラスリボンプロジェクトとは・・

コロナ禍で生まれた差別、偏見を耳にした愛媛の有志がつくったプロジェクトです。 愛媛特産の柑橘にちなみ、シトラス色のリボンや専用ロゴを身につけて、「ただいま」「おかえり」の気持ちを表す活動を広めています。 リボンやロゴで表現する3つの輪は、地域と家庭と職場(もしくは学校)です。
「ただいま」「おかえり」と言いあえるまちなら、安心して検査を受けることができ、ひいては感染拡大を防ぐことにつながります。 また、感染者への差別や偏見が広がることで生まれる弊害も防ぐことができます。感染者が「出た」「出ない」ということ自体よりも、感染が確認された“その後”に的確な対応ができるかどうかで、その地域のイメージが左右されると、考えます。 コロナ禍のなかに居ても居なくても、みんなが心から暮らしやすいまちを今こそ。 コロナ禍の“その後”も見すえ、暮らしやすい社会をめざしませんか?

この運動を柏崎市でも広めたい。まずは地元から・・と坂田町内会の皆さんが賛同者となり、令和3年の年明けから始動させたそうです。

ふるさとの皆さんの優しさと温かさに、あらためて勇気をいただきました。

133381359_3562782903839041_3164641251783

大雪の年越しとなりましたが、やさしさの輪を広げながら、困難に負けず、前に進みたいと思います。

本年も宜しくお願い申し上げます。

134666856_3562782900505708_4071042450161

2020年12月23日 (水)

Yさんとの約束

12月23日は恩師Yさんの命日でした。

Yさんとは同じ志のもと、議会傍聴や政治関係者との意見交換、そして請願提出などをご一緒してきました。

請願の提出から不採択に至る経緯は以下にまとめてあります。

2009.9.18「請願」について

Yさんからは請願が不採択となったあと、「勇気を出して、正式な手続きを踏んで形にした市民の声(請願)が潰されるような議会に外側から物を言ってもダメだとわかった。議会を内側から変えるために、私たちの代表として市議選に出てほしい」と言われました。

その時は無理だとお答えしたものの、最終的には「その時が来たらチャレンジする」とお約束しましたが、その数年後にYさんは天国に旅立たれましたのでした・・。

「民意による議員定数削減」はYさんの願う議会の姿であり、きっと天国で喜んでくださっていると思います。

美容師だったYさんのお店は娘さんに引き継がれており、ご報告に伺うとともにあらためてご冥福をお祈りしました。

132641661_3543795879071077_5118127686048

今回の定数削減に至るまでの議会の動きを時系列ごとにまとめてみました。

平成20年
9月 定数30人→26人とする議員発案が提出されるが継続審査になる。
11月 議会運営委員会で審査打ち切りとなり廃案になる。

平成21年
2月「柏崎市議会議員定数の削減に関する請願」提出→継続審査となる。
6月 引き続き継続審査となる。
9月 賛成少数で不採択になる。
  「議会改革に関する特別委員会」が発足し、定数について議論するが結論出ず。

平成22年
6月 議員定数を30人→24人に議員発案が提出される。
   採択直前に「30人→26人とする修正案」が出され、原案否決・修正案可決。
  
平成23年
4月 市議会議員選挙の定数26人となる。

平成26年
9月 定数26人→24人とする議員発案が提出されるが否決。
12月 定数26人→24人とする議員発案が再度、提出されるが否決。

平成27年
4月 市議会議員選挙26人のまま改選。
6月 定数26人→22人とする議員発案が提出されるが否決。

平成29年
8月 「柏崎市議会議員定数の適正化を求める請願」提出
9月 請願を採択→議員定数議論開始

平成30年
8月 定数議論は全会一致とならず「両論併記」
  (維持・削減の双方の主張を併記)
9月 定数26人→22人とする議員発案が提出されるが否決。
12月 定数26人→23人とする議員発案が提出されるが否決。

平成31年
4月 市議会議員選挙26人のまま改選。

令和2年
8月 議員研修「議員定数と地方議会の今後のあり方」
   定数議論開始  
10月「削減」の方向性は一致するが定数については全会一致を見ず議論終結、報告書提出
12月 定数26人→22人とする議員発案提出。
   採択直前に26人→23人とする修正案が出される。
   原案(22人)可決、修正案(23人)否決。

削減して終わり・・ではなく、これから真価が問われることを意識しなければならないと実感するところです。

2020年12月20日 (日)

新庁舎・引っ越し作業

12/20は新庁舎への引っ越し作業でした。

先輩方が細かい段取りをしてくださったので、必要物品の大半を新庁舎控室に搬入することができました。

1/4開庁まで仕上げ作業があるそうで、引っ越し日時を限定しての作業となります。

131931857_3535113023272696_4422955483808

132317937_3535112926606039_4088853190247

終了後は「くいどころ里味」で昼食を食べながらの会派会議でした。

131980873_3535113163272682_6507438309124

新潟県では新型コロナウイルス感染症第3波に伴う警報が発令されています。

165085

年末には毎年、議会と市当局(市長、副市長、部課長)との懇親会をはじめ、いくつかのイベントが予定されていましたが、警報発令を受けて中止連絡が次々に入っています。

忘年会・新年会シーズンに飲食業界は痛手だと思いますが、こちらのファミリーレストランはいつも通り繁盛していました。

鍋焼きうどんを食べるのは数年ぶりでしたが、体が温まり、美味しくいただきました。

2020年10月31日 (土)

西山ふるさと公苑イベント&パラコード編み

10月31日、午前中には西山ふるさと公苑で行われた「西山賑わい軽トラック市」に足を延ばしました。

西山ふるさと公苑は西山町が柏崎市と合併する前につくられた道の駅です。

これまでは市の直営でしたが、今年度から指定管理者制度に代わりました。

道の駅 西山ふるさと公苑

お天気にも恵まれ、大勢の来場者で賑わっていました。

123204498_3400030103447656_3264791459498 

新型コロナウイルス感染症のため、今年度前半はほとんどイベントらしいイベントがありませんでしたが、最近は新しい生活様式のもと、ようやく人が集まるイベントが実施されつつあります。

西山ふるさと公苑は西山ICに近く、長岡市・刈羽村・出雲崎町からも移動しやすい位置にあります。

また西山ふるさと館は1Fが展示ホール、2Fが600人収容できる多目的ホール(可動式)となっています。

中国風の建築物や庭園もあり、近年はイベント会場として活用されています。

立地的にも機能的にもまだまだ活用の余地がある(横文字を使うと「ポテンシャルが高い」)施設だとあらためて感じました。

123105689_3400030190114314_5062993611560

午後からは市民プラザに移動し、柏崎公民館エイジレス講座「編んで役立つ!多彩に使える!パラコードの魅力」に参加しました。

こちらは今年から仲間入りした「女性防災士の会すてっぷ」の活動の一環でもあります。

パラコードとはパラシュートコードのことであり、強度の高い紐です。

日頃はアクセサリーとして身に着けておき、いざという時にロープ代わりに使うことができます。

123392024_3406376306146369_4230201091935

123569981_3406376419479691_4487128262655 

123288479_3406376549479678_7411891099152

 

脳トレとしても効果がありそうな、楽しい体験でした。

2020年10月13日 (火)

柏崎コワーキングスペース

10月13日は柏崎コワーキングスペースK.Vivo(ケードットビーヴォ)を使っての会派勉強会でした。

K.Vivo 柏崎コワーキングスペース

昨年の内覧会で見学して以来、初利用です。

Dsc_0769

「コワーキング」(CoWorking)とは、独立して働くフリーランスや起業家、あるいは企業に所属していても固定化されたオフィスに縛られない“ノマドワーキング”が可能なビジネスパーソンなどが1ヵ所に集まり、事務所設備や会議スペースなどを共有しながらそれぞれの仕事を行う新しいワークスタイルのことです。こうした働き方を支援する共有オフィス環境およびそれを提供するサービスを「コワーキング・スペース」といいます。(コトバンクより)

まず受付でドロップイン(申し込み)を行います。

フリーアドレス席を4時間使用-500円で、支払いはキャッシュレス決済のみです(現金不可)。

席は自由で、無料Wi-Fiも使えます。またドリンク1杯がサービスとなっています(追加は70円加算)。

平日でしたが、商談らしき方々が何組か利用していました。

個人会員は2000円/月(学生は1000円/月)、法人会員は15,000円/月でフリーアドレス席が利用でき、その他の会議室等は利用時間・部屋に

アナログな掲示板もあり、イベント告知やお仕事の宣伝などもされていました。

よってそれぞれの利用料金が加算されます。

 

今はパソコンやタブレット、スマートフォンがあればどこでも仕事ができる時代なので、オフィスを構えずにこうしたスペースを利用した働き方が進んでいくのかもしれないな、と感じました。

 

 

2020年10月 8日 (木)

市民後見人活動のこと

Dsc_3431

平成29年から柏崎市社会福祉協議会(社協)の法人後見支援員として、市民後見人活動をしています。

一昨日は定例会議で、今日は定期訪問でした。

市民後見人については下記リンク先にてわかりやすく説明されています。

市民後見とは 地域貢献推進プロジェクト

現在の立場は「社協の法人後見支援員」ですが、将来的には市民後見業務を分離独立する方向性が打ち出されています。

さて本日の動きは

15:10 事務局がある総合福祉センターにて準備

15:30 ゆうちょ銀行にてお小遣い+予備の現金を引き出す

15:35~16:05 被後見人さんの入所施設にて面会(職員さんと15分、ご本人と15分)

16:15~16:40 記録など事務処理

約1時間半の活動を月に1回程度行います。

この他、年に1回、家庭裁判所に提出する書類作成があります。

業務自体に負担はないものの、いまだに「これでいいのだろうか?」と感じることも少なからず。

それでも被後見人さんが心を開いて笑顔を見せてくださるのは嬉しいことです。

市民後見自体がまだまだ過渡期でありますが、試行錯誤しながら何とか良い方向を目指したいところです。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ