« 柏崎市立小・中学校の学区再編方針 | トップページ | 濃厚接触者への対応 »

2022年1月22日 (土)

にしやま号再編と新交通システム

1月21日、「にしやま号再編に関する地域説明会兼意見拝聴会」に参加しました。(主催:柏崎市総合企画部企画政策課)

合計7会場で実施され、私が参加したのは最後の会場「いきいき館」でした。以下はその内容メモです。

Dsc_0092

【にしやま号とは】

・西山地区の生活の足を確保するための市直営の有償運送。
・1日乗車券で、乗り降り自由
 大人:200円、小学生:100円、障がい者手帳所持者:100円、乳幼児:無料
・コースは3コース、各4便/日
①二田・南部線(後谷集落を除く二田地区と南部地区が対象):火・木・土
②中川・別山線(鎌田集落を除く中川地区と別山地区が対象):水・金・土
③大田・石地線(大田地区、石地地区、後谷・鎌田集落が対象):火・水・金
(注意)運休日は、祝日、8月13日~15日、12月29日~1月3日

◆にしやま号の利用者数と西山地域人口の推移

H28年 利用者6302人 人口5636人
H29年 利用者4818人 人口5511人
H30年 利用者4363人 人口5395人
R 元年 利用者3423人 人口5283人
R 2 年 利用者1943人 人口5159人

★5年間でのべ利用者数が6302人→1943人、3分の1以下に減少
(ピークはH24年の8700人)

利用者減の要因は2点考えられる

①日常的に利用している高齢者が5年の間に何らかの理由(入院、施設入所、停留所までの移動が困難等)で利用できなくなった。

②新規利用者が増えていない
 ↓
路線の複雑さにも原因があるのでは?
・1~4便の運行ルートがそれぞれ異なる
・1本あたりの移動に1時間40分かかるルートもある(トイレが心配・・)
★メイン利用者である高齢者にとってわかりにくい、乗りにくい

◆にしやま号の運行欠損額と1乗車当たりの市負担額

<R2年度の運行実績>
・運行経費(A)14,520,000円
・運賃収入(B) 198,800円
・運行欠損額(A-B)14,320,000円
・収支率(B/A)1.37%
1乗車当たりの市負担額 7,371円(運行欠損額/利用者数)

★運行経費は5年間で約2割増加

★1乗車あたりの市負担額は5年間で約4倍に増加(+200円/日)

・タクシーを使った方がよいレベルの大赤字だが、西山地区にタクシーは中々来てくれない。

・民間ならとっくに撤退しているが、市直営であってもこのままでは維持が難しい。

◆にしやま号再編に向けてのこれまでの主な取り組み

・R2年7月 出雲崎デマンド交通を視察(予約型運行タクシー)
・R2年9~10月 アンケート調査実施 
コツコツ貯筋体操9か所+にしやま号利用者 計113名に再編イメージを示す
★9割が「早く再編してほしい」

★コロナ感染拡大などの影響で、この間の運行成績の悪化がさらに深刻化
⇒再編だけでは、継続的な運行は難しい
⇒地域の足確保のため「地域協力制度」が必要
・R3年8月~各コミセン会長との協議開始(地域協力制度を前提とした再編実施について)

◆にしやま号の再編イメージ

(1)運行形態

現行:定時定路3便
再編案:
・予約制、自宅前まで送迎(*デマンド型ドアツードア)
・予約に応じて、その都度、最適なルートでの運行

(2)運行車両台数

現行:28人乗りマイクロバス×3台、うち1台は予備車両
再編案:
・10人乗りハイエース×1台
・4人乗り電気自動車(軽)×1台
・28人乗りマイクロバス(予備車両:既存)×1台 

(3)運行頻度

現行:各路線が週3日運行
再編案:
・西山地域全域における区域運行
・週3日(火・水・金)運行
*月=雪割草の湯が休館、木=ふれあいクリニックが午後休診

(4)乗車運賃(円/日)

現行:大人:200円、小人:100円、乳幼児:無料、障がい者運賃:半額
再編案:
・大人:400円、高校生:200円、中学生以下:無料、障がい者運賃:半額

◆再編後の運行スケジュール(案)*出発時刻は西山町事務所

・第1便 9:00発 通院(地域内・市街地) 
・第2便 11:00発 診療所からの帰宅、地域内での買い物、雪割草の湯など
・第3便 11:45発 診療所からの帰宅、買い物からの帰宅
・第4便 12:30発 市街地からの帰宅
・第5便 14:00発 雪割草の湯からの帰宅
・第6便 15:50発 市街地からの帰宅、雪割草の湯からの帰宅

★それぞれ路線バス長岡線、JR越後線との接続時間も考慮

◆デマンド型ドアツードア方式のイメージ図

Adobe-scan-2022_01_22_1

・電話による事前予約
(*第1便以外は当日1時間前までの予約が可能)
・自宅の玄関前まで送迎が可能
(*天候や道路事情により難しい場合もある)
・予約に応じた最適ルートで運行

◎自宅前までの送迎が可能⇒バス停まで移動する必要なし
◎最短ルートでの運行⇒乗車時間の短縮で負担が軽減
◎1日の運行本数が増加⇒複数の箇所への移動も可能に
◎運行区域が拡大⇒行動範囲を広げられる

◆地域協力制度の導入

〇持続可能な地域交通の運行のために地域の積極的な参画が必要
〇地域と定期的に話し合い、まとまった内容は運行に反映する
収支率が目標値の5%に満たない場合、地域から運行維持協力金として、運行欠損額の一部をご負担いただく。
〇地域協力金は地域からご負担いただくことが目的ではなく、地域との連携により収支を改善し、持続可能な地域内交通を実現することが目的

◆運行維持協力金(上限額×地域負担率)の試算額

<算定根拠>
【上限額算出単価】
・1コミセン当たり50,000円/年
・1世帯当たり  50円/年

【地域負担率】
◎基礎部分 収支率
・4.0%未満 100%
・4.0%以上4.5%未満 75%
・4.5%以上5.0%未満 50%
・5.0%以上 0%

◎地域特性減算
・200世帯未満 △75%
・500世帯未満 △50%
・1000世帯未満 △0%
・鉄道駅の有無 △25%
・スクール混乗減算 △25%

【コミセン別運行維持協力金資産額】

(A)収支率4.0%未満の場合(負担率100%)
・西山コミセン=コミセン上限50,000円+(1014世帯×50円)=100,700円
・二田コミセン=コミセン上限50,000円+(737世帯×50円)=86,850円
・南部コミセン=コミセン上限50,000円+(202世帯×50円)=60,100円

(B)収支率4.0%以上4.5%未満(負担率75%)*(A)×0.75
・西山コミセン=100,700円×0.75=75,525円
・二田コミセン=86,850円×0.75=65,137円
・南部コミセン=60,100円×0.75=45,075円

(C)収支率4.5%以上5%未満(負担率50%)*(A)×0.5
・西山コミセン=100,700円×0.5=50,350円
・二田コミセン=86,850円×0.5=43,425円
・南部コミセン=60,100円×0.5=30,350円

(D)収支率5.0%以上(負担率0%)
・3コミセンとも負担なし

◆市内の他地域における地域参画の状況(米山地区乗合タクシー)

・平成19年から地域主体で運営
・運行は柏崎交通(株)
・週1日、3便/日を運行(米山町地域⇔柏崎駅前、米山町地域内)
・過去3年(H30~R2年度)の運行実績平均
 運行経費  964,166円 
 地域負担額 206,066円 
(負担率)  (21.41%) 

市負担額(1乗車当たり)1,420円  

*にしやま号のは7,371円(R2) 

◆にしやま号再編実施の有無の判断

〇【1月26日】各コミセン会長との協議実施
地域協力制度導入を前提とした再編実施について

同意された場合⇒R4年4月に再編実施

同意されない場合⇒【R4】減便、乗車運賃値上げ。その後も利用実態に応じた変更を実施。

地域協力制度の導入を前提とした「にしやま号」再編のメリット
(1)自宅前までの送迎で、悪天候時も快適・安心
(2)予約の状況に応じた最短ルートでの運行により、乗車時間が短縮
(3)1日当たりの運行本数が増えることで、移動における選択肢が増加
(4)地域協力制度の導入で、地域の要望を運行に反映しやすくなる

★今はバスを利用しない人も5年後、10年後を見据えて「地域の足を守る」ためご協力いただきたい。
★収支率5%=10人以上/日を目標に利用促進をお願いしたい。

<意見交換>

1,再編自体は良いと思うが、高齢者に再編後の新しい仕組みを説明するには、カタカナ言葉ではわかりにくい。PRの仕方に配慮が必要。

今日を含めて7回説明会を開き意見徴収してきたが、同様のご意見をいただいている。
最初だけPRしてもダメであり、これまでのにしやま号の利用者減少もPR不足を反省している。再編が決まった場合、国の許認可が下りるのが3月となり、4月からの開始に向けて短期間となるが、民生委員等の協力を得つつ、住民の皆さんからもPRしていただきたい。また町内会等の集会の場を借りて積極的に説明に出向きたい。

2,最初は75歳以上にサービス券や半額券を出すなどして、利用のきっかけを作りながら理解してもらってはどうか。

まずは使っていただくことが重要であり、内部で利用促進策を検討している。

3,刈羽診療所に通院している住民も多いが、エリア拡大はできないか。

市町村有償運行制度を利用した柏崎市直営バスであるため、市をまたぐ利用はできない。

4,再編案は高齢者の免許返納を促すきっかけになり、親の送迎を行っている若い世代も歓迎すると思う。高齢者だけでなく若い世代へのPRも必要ではないか。

若い世代への啓発は重要。また今はバスを使わないが5~10年後には使うであろう方々に対しても、いま再編しなければ5~10年後までバスを存続できない状況にあることを理解していただけるよう、見えやすいかたちでPRしていきたい。

5,電話による予約システムだが、高齢者は自宅にいる時は予約できても、外出先で自ら予約するのは難しい人もいる。携帯電話を持たない高齢者もいるが、公衆電話があるのか不明。
例えばナルスやふれあいクリニックで予約代行をお願いできるようなシステムをつくれないか。またバスが来るまでの待合場所の確保も課題。利用者が立ち寄るスーパー、医療機関、金融機関等に協力を要請してはどうか。

デマンド型はたしかに予約がネックとなる。利用頻度の高いふれあいクリニックやナルス等には公衆電話の有無も確認しつつ、協力をお願いできないか相談したい。

6,北条でも地域交通があると聞いたが市はノータッチなのか。

NPO法人北条人材バンクによる福祉有償運送を行っている。地域内の登録者で、高齢者や障がい者など自力で公共交通機関を利用するのが困難な人の通院等が対象。市は補助金を出していない。赤字補填のため夏渡にある一般廃棄物最終処分場の草刈りを請け負っている。

7,もし赤字なら事業から撤退するのか。

現時点でも大赤字だが、赤字幅を軽減したい。事業存続のために収支率を上げること、運賃収入を増やすことが必要。

8,収支率5%の場合は地域負担なしだが、運行欠損額は市が負担するのか。

市が負担する。もともと黒字化が見込めないから市が直営で行っているが、バスを走らせても「空気を運んでいる」と言われるような状態を改善したい。

9,今後の動きは。また7会場で出た意見を反映させた再編を再度、各地区に説明するのか。

1/26のコミセン会長との協議を経て、2月に柏崎市地域公共交通活性協議会を開催。
柏崎市議会2月定例会議でにしやま号に係る条例改正を提出し、可決すれば許認可申請を提出する。
町内事情も勘案しながら、必要に応じて説明していきたい。周知は民生委員にも協力を要請する。

10、運賃では高校生や中学生も設定しているが、乗客として視野に入れているのか。また収支率を上げるために、まだ車を利用している高齢者にも乗車を呼びかけるのか。

中高生も長期休みの買い物等に利用してもらってよい。通学にも使えないかとの意見が別会場で出たが、毎日の運行ではないので難しい。
車を利用している方、特に男性から利用していただけるよう呼びかけたい(女性は比較的、抵抗なく乗車する)。

11,自分での予約が難しい場合、隣近所の人や遠方に住む子ども等、本人以外が代行してもよいものか。

乗車する本人が、予約していることを忘れずに認識できれば、予約代行もあり得る。またその場合、往復予約をお願いすることになる。
将来的にはいきいき館にふれあいクリニックが入る構想なので、同じ館内で運行事務を行っていれば、診療が終わったあと直接声をかけることも可能となる。

12,デマンド型にすることで1便予約が殺到し、混乱するのではないか。また定時定路でなくなれば何時に迎えにくるかわからなくなり不満が出る。地域協力金制度もNPO等が運営するならともかく、全戸から徴収するやり方は不満がある。タクシー代わりに予約する人が増えてうまくいかないのではないか。

地域協力金制度は国の指導も受けて利用実績に即して徴収する。
デマンド型はタクシーではない。柏崎市全域なら予約殺到もあり得るが、これまでの利用実績からすると、そうはならないと考える。
再編後、実施しながら不具合があればその都度正していく前提で進めたい。

ーーーーーー

7会場では様々な意見が出たそうですが、全体的に再編に前向きだったようです。

尚、令和4年度からとなる柏崎市地域公共交通計画(案)は1/14にパブリックコメントを締め切りましたが、新たな公共交通の在り方・仕組みを示しています。

Photo_20220122145201

にしやま号はメインユーザーが高齢者であることから電話予約にしていますが、将来的にはスマホやタブレットによる予約や、AIによる配車・運行ルート調整などのデジタル技術を活用したシステムが導入される計画になっています。

その意味でもにしやま号再編による新システムは、柏崎市全体の公共交通の展開に大きな影響を持つのではないでしょうか。

再編案の導入可否が決まるのは1/26以降とのこと、今後の推移を注視したいと思います。

« 柏崎市立小・中学校の学区再編方針 | トップページ | 濃厚接触者への対応 »

議員・議会活動」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ