« 新庁舎・引っ越し作業 | トップページ | Yさんとの約束 »

2020年12月22日 (火)

12月定例会議最終日 議員定数22人へ

12月22日は本会議最終日でした。主な議案は以下の通りです。

令和2(2020)年度一般会計補正予算(第18号)9955万5千円 が可決。

・新型コロナウイルス感染症対策
・鳥獣被害対策 など

その他、押印廃止、公共施設の利用料金見直し等の条例変更、指定管理者の指定期間変更なども可決しました。

市立博物館のプラネタリウム料金値上げを盛り込んだ条例改正案は反対討論1名、賛成多数で可決しています。

また本日、急遽出された

令和2(2020)年度一般会計補正予算(第20号)6133万7247円

について、委員会付託なしでの審議となりました。

◆新型コロナウイルス感染症生活支援事業 2156万円

(説明)新型コロナウイルス感染症に感染した方及びその方の濃厚接触者となった同居家族の方々対し
・感染に伴い発生する諸問題の相談窓口の設置(電話相談等もできるサポートセンター)
・諸支出への支援=市として市民からのお見舞いの気持ちを形とするための経費。
・支援金額についてはお一人につき5万円を基本として、陽性となった方、中学生以下のお子様及び65歳以上の方については加算)

(質疑)
●今後も支援金は発生するのか。事情によらず支援するのか。

・今後も支給する。
・事情にはよらない。
・4/1~に遡って支給する。

●多くの方々が感染防止の努力している中で、対象者にある程度の線引きは必要ではないか。

・事情はともかく感染者に否はない。
・悪いのは感染症であり、病気に苦しむ方々にとって、いかなる事情あっても被害には変わらない。
・法の触れる問題あれば別だが、感染を受けた方に罪はない。

●相談窓口を通じて各家庭の状況にあわせて、生活支援のための見舞金が支払われるということか。

・その通り。

●感染者の中には柏崎市を勤務地とする市外在住の方も含まれるが、どこまでが対象か。

・柏崎市に住民票がある方および居住実績がある同居家族が対象。
(市外在住者は含まない)

●濃厚接触者の中には職場の同僚や学校クラスターにおけるクラスメイトも含まれるが、その扱いは。

・感染が確認できないのであれば対象とならない。

●金額設定における加算とは具体的にどうなるのか。

・感染者を含む世帯ひとりあたり5万円をベースに、陽性者・65歳以上・中学生以下については更に5万円をプラスして支払う。

●他の自治体での参考事例は。

・新宿区を参考に妥当な金額設定を行っている。趣旨は昨日の代表者会議で説明している。

◆海洋センター管理運営事業 736万4千円

(説明)新潟県からの要請により柏崎海洋センターを12月下旬から来年3月末までの間、中越地区における新型コロナウイルス感染症の軽症患者等の宿泊療養施設とするための経費

◆学校施設管理事業 小学校:415万円、中学校:467万3千円

(説明)小中学校の職員室及び普通教室の教職員の机上や特別教室などにアクリルパーテーションを設置するための経費

●クラスターが発生した荒浜小には先行してパーテーション設置との報告もあるが、パーテーションの有効性、必要性を判断した経緯は。また枚数は。

・荒浜小クラスター発生後の内部調査によりパーテーションが必要と判断し、感染防止に万全を期すため学校再開前に設置した。
・他の学校については一定の基準を設けた上で必要枚数を管理者が申告。
・小学校30~60枚/校、中学校は一部は約100枚だが他は数十枚/校、小学校500枚、中学校563枚を発注したい。

全会一致で可決しました。

また人事案件では西巻副市長の再任などが全会一致で可決しました。

そして今回は議員定数削減を求める議員発案(26→22人)と修正案(26→23人)が提出されました。

◆議会の議員の定数を定める条例の一部を改正する条例(提出者:柄澤均議員)

Photo_20201223030501 Photo_20201223030601

◆議会の議員の定数を定める条例の一部を改正する条例に対する修正案(提出者:村田幸多朗議員) 

Photo_20201223030701  Photo_20201223030702
(原案質疑) なし

(修正案質疑)

●23名案はこれまでいちども提案されていないが、なぜ今になって提出するのか。

・ギリギリのタイミング。
・全会一致を目指した議論をふまえて一縷の望みを託した。

●議会運営委員会で最初に提示された23名案に関心示さなかった。どのようにまとめたのか。

・人数以外は修正を求めない。
・ギリギリの歩み寄りをした。

(討論)

・柏崎の風(春川議員)原案賛成・修正案反対(→22人案に賛成)
・社会クラブ(笠原議員)原案反対・修正案賛成(→23人案に賛成)
・民友(近藤)原案賛成・修正案反対(→22人案に賛成)
・日本共産党柏崎市議員団(持田議員)原案反対・修正案賛成(→23人案に賛成)
・柏盛クラブ(三宮議員)原案賛成・修正案反対(→22人案に賛成)
・公明党(若井議員)原案賛成・修正案反対(→22人案に賛成)

会派を代表して、以下のように賛成討論を行いました。

議員発案第6号、新潟県柏崎市議会の議員の定数を定める条例の一部を改正する条例について、原案賛成、修正案に反対の立場で討論いたします。

当市議会においては、平成26年6月定例会議にて、議会基本条例が可決され、議会改革の歩みを一歩一歩進めているところです。
議会も、執行機関のチェックにとどまらず、政策立案能力を高め、市民の付託に応えていかなければなりません。

さて、柏崎市議会の議員定数については、改選前の議会運営委員会の中で〝鋭意検討していくこと〟が、申し送りされていました。
この件については、これまでの半年間、「論点を〝維持か削減か〟で進める」「常任委員会中⼼主義のもと〝3常任委員会〟として進める」「⻑期的な視点をもって進める」などの条件を前提に、話し合いが重ねられてきました。
 
私たちの会派〝民友〟は、以下の視点をもとに検討を行いました。

まずは、将来の人口動態を鑑み、10〜12年後を見据えた考え方が必要であること。
次に、様々なICTツールを活用すれば、広報広聴機能や活動量の低下は防げること。
更には、事業峻別を行わざるを得ない柏崎市の厳しい財政状況、そして市内経済の疲弊。
他市の事例や学識経験者によれば、委員会審査は6人いれば成り立つこと。
最後に柏崎市議会では平成31年当時、既に22人で審査した実績があること。

これらを踏まえ、私たちの会派は「20〜22人でも議会機能を維持できる」との結論に達しています。

議会運営委員会では、柏崎市の現状を踏まえた議会の在り方、議員定数について、真摯に議論を深めることができたと思いますが、その結果においては、残念ながら全会一致をみることができませんでした。

このような環境のもとで今回、議員定数を26名から4名削減し、22名とする条例改正案が提出されました。
「定数22名案」は、我が会派が議会運営委員会において、最終的に主張した範囲内の提案として、賛同するものであります。

しかしながら、それに対し3名削減して23名とする修正案も提出されています。
当初、削減を良しとしない他会派の意見を踏まえ、私達の会派は全会一致を目指す意図で、議会運営委員会の中で23名案を提示しましたが、そのとき同意する会派はありませんでした。
それがここに来て定数23名とする修正案が出されたことは、率直に申し上げて、先ほどの質疑を経ても尚、理解に苦しむところです。

しかしながら、議員自ら身を削る選択をすることは、多くの市民が望む議会の姿であり、平成29年8月14日、当時そんな市民の一人として「柏崎市議会議員定数を適正化するよう求める請願」を提出した私にとっても、大変感慨深いことであります。   

定数削減によって、必然的に議員一人ひとりの仕事や責任はこれまで以上に大きくなると思いますが、そうであっても市民の付託に応える覚悟を持って、時代の変化に対応し得る議会にしていくことが、私達の使命ではないでしょうか。

今回の原案は、単に議員定数を4名削減するということだけではなく、これからの議会のあり方を構築するものとして、議会および議員にも痛みを伴う改革の第一歩であり、そのような覚悟で賛成するということを申し添え、原案賛成、修正案反対の討論といたします。以上です。

Img_0281

(採決)

◆修正案(23人)賛成議員10人
・自治研究会:村田、布施議員
・社会クラブ:笠原、秋間、星野(幸)議員
・日本共産党議員団:持田、樋口議員
・柏崎のみらい:飯塚、佐藤(正)議員
・無会派:荒城議員

→賛成少数により否決

◆原案(22名):賛成議員16人
・柏崎の風:柄澤、斎木、星野(正)、春川、山本、阿部、上森、白川、田邉議員
・公明党:若井議員
・柏盛クラブ:重野、三宮議員
・民友:相澤、佐藤(和)議員、近藤
・自治研究会:布施議員

→賛成多数により可決

平成22年から10年を経た定数削減であり、何度も議員発案を提案しては否決されてきた先輩議員の志が、ようやく形になった瞬間でもあります。次回の市議会議員選挙から定数22人となります。

そのほか、議員発案として「防災・減災、国土強靭化対策の継続・拡充を求める意見書」も提出され、全会一致で可決しました。

 

« 新庁舎・引っ越し作業 | トップページ | Yさんとの約束 »

議員・議会活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新庁舎・引っ越し作業 | トップページ | Yさんとの約束 »

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ