« ゆかり通信2号「商売が続くまちづくり」 | トップページ | こどもの命をどう守るか »

2018年11月 2日 (金)

ゆかり通信2号「子ども達の笑顔を守るために」

家族形体が多様化した現代社会では、「地域で子どもを守り育てる」ことが求められます。
柏崎はこれを実践してきたまちであり、各地で子ども育成活動や防犯対策に取り組んでいます。
私自身には子どもはいませんが、「地域の大人」として子ども達と接する活動や、子育て経験者とのお付き合いを通して、子ども達が安心して健やかに成長できる社会にしていきたいと考えるようになりました。   
子ども達をとりまく諸問題の中でも、とりわけ心が痛むのが児童虐待です。
新潟県の虐待相談件数は、昨年過去最多の2158件を記録しています。
2017
実の親によるものがほとんどで、種類別では心理的虐待(暴言、差別、無視、過度な注意、子どもの目の前での夫婦喧嘩や暴力など)が半数以上を占めていました。
29_2
 
29
29_3
 児童虐待の多くが表面化しにくいだけに、周囲の大人達の「気づき」が重要です。
 
虐待に関する相談や通報は、短縮ダイヤル189(いちはやく)に電話すると、最寄りの児童相談所につながります(匿名可能)。
また市では「柏崎市子ども虐待防止・対応マニュアル」を作成しています。
知識や情報、対処法を市民全体で共有し、「気づき」を「行動」に移せるようにしておくことが大切だと感じています。 
Photo_48
また虐待を受けた子どもは心に大きな傷を負い、不安定な状態のまま成長し、社会にうまく適応できない・自ら親になった時わが子に虐待してしまうケースが多々あります。
そして子育てをしていく中でのストレスや孤独感も虐待の原因となります。
傷ついた子ども達の成長を連続して支える応援策、孤立せずに子育てができる温かい環境づくりの強化も必要ではないでしょうか。 
 
子ども達の笑顔を守れるよう、大人としての役割を果たしていきたいと思います。 

« ゆかり通信2号「商売が続くまちづくり」 | トップページ | こどもの命をどう守るか »

ゆかり通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆかり通信2号「子ども達の笑顔を守るために」:

« ゆかり通信2号「商売が続くまちづくり」 | トップページ | こどもの命をどう守るか »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ