« 犬猫譲渡会 | トップページ | 殺処分ゼロに向けて »

2017年9月30日 (土)

原子力発電に未来はあるか?

今日は「くらしをみつめる・・柏桃の輪」勉強会でした。
講師は竹内 純子先生。
「原子力発電に未来はあるか?」というテーマでご講演いただきました。

22050377_1409274385856581_399744672

原発については、反対する声や否定的な意見の方が報じられる傾向にあると思います。

また選挙のたびに「原発ゼロ」を掲げる候補や政党が現れるなど、常に政争の具になっている側面もあります。

ですが原発導入の背景には、本来「エネルギーはなくて当たり前」の日本が「当たり前のようにエネルギーがある」状態にする為に重ねてきた、先人達からの苦労や努力があることも、認識しなければなりません。

また原発が稼働しなくても電力が安定供給されている裏側には、化石燃料を海外から調達するリスク、再生可能エネルギー賦課金による負担、火力発電によるCO2排出と地球温暖化・異常気象への影響・・等々、私たちの生活に関わる諸問題があるのです。

22046541_1409274329189920_602290276

参加者の中には、以前に竹内先生の講演を聞いたことを機に、ご自宅の電気料金推移をずっと記録してきた方がいらっしゃいました。
原発がまったく稼働しなかったこの数年間で、電気料金は1.4倍まで上がっているそうです。

竹内先生のお話でも、電気料金高騰により、生活弱者の受けるダメージや、電力消費量の多い中小企業の経営が脅かされている過酷な事例の紹介がありました。

その他、原子力発電所の地域貢献について、発電量に応じて地域に税収がもたらされ、それを地域の災害対策に充ててはどうか、とのご提案もありました。

福島の痛ましい事故を教訓に、発電所は安全性を高めていますが、住民もまた防災力向上のための自助努力が必要ではないかと感じました。

様々な角度から、原子力発電を取り巻く諸問題を検証され、わかりやすく誠実にお話しいただいた素晴らしいご講演でした。

原子力発電、そして日本のエネルギーに未来があるかどうかは、私たち国民・住民の考え方や選択、そして行動によるところが大きいと感じます。

日本人として、また立地地域住民として、きちんと向き合っていきたいものです。

竹内先生、本当にありがとうございました。
 

« 犬猫譲渡会 | トップページ | 殺処分ゼロに向けて »

エネルギー問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原子力発電に未来はあるか?:

« 犬猫譲渡会 | トップページ | 殺処分ゼロに向けて »

最近のトラックバック

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ