« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月12日 (土)

「人狩り」上映会

今日は長岡市の臓器移植の闇に迫る映画「人狩り」上映会に参加しました。
http://www.stop-oh.org/

20767920_1365244983592855_608778495

中国では毎年多くの臓器移植手術が、かなりスピーディーに行われています。
お金さえ出せばすぐに手術が受けられることから、「移植ツーリズム」という形で、海外から患者が訪れるそうです。

けれど臓器の出所は、大半が「良心の囚人」として罪なくして収監された人々なのです。
(中国当局は死刑囚の臓器と説明していますが、その数を遙かに超える移植手術が行われています。)
彼らの多くは、法輪功という中国の伝統的な気功の修錬者です。
修錬者の増加を脅威とした中国共産党から迫害され、投獄・拷問の傍ら臓器や血液を検査されます。
そして臓器移植希望者と適合した人から、生きたまま臓器を取り出し、遺体は証拠隠滅のため焼かれるのです。

20728357_1365245376926149_758589105

20729547_1365245426926144_390690401

臓器移植は中国医療に多大な利益をもたらすこともあり、長年に渡り秘密裏に行われてきました。
けれど良心の呵責に耐えかねた医師や関係者が、この事実を告発。
そして国際的な人権団体による丹念な調査により、ようやく明るみに出てきました。

世界各国で、違法な移植手術を止める為の法案が可決されているそうです。
日本も続くべきでしょう。

関心を持つこと。
拡げること。
禁じること。

残虐非道な人権侵害に苦しむ人々を、一刻も早く救えるよう、できることをしていきたいと感じた上映会でした。

2017年8月11日 (金)

新潟県動物愛護協会

新潟県動物愛護協会の会員となって3年目。

猫ブームといわれる昨今ですが、殺処分される猫もいまだに多いのが現状です。
猫に比べて件数は少ないものの、しつけに失敗したり、飼い主からはぐれて迷子になったり、人間側の事情で飼えなくなって、保健所や保護施設に持ち込まれる犬もまだまだいるそうです。

20729489_1363791260404894_464068032

新潟県では動物愛護の取り組みが進んでいて、飼い主のいない猫の不妊手術助成金や、幼齢猫のミルクボランティア事業、犬のしつけ方教室などが実施されています。

ただ、現時点ではまだ「関心ある人」止まりになっている感があります。

動物の好き嫌いに関わらず、弱い存在への慈愛や命を尊ぶ心は、人道的にも社会的にも大切だと思います。

殺処分される動物がいなくなり、人にも動物にも優しい世の中になるよう、願いを込めて更新手続きしました。

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ