2021年4月13日 (火)

積雪時の火災対応

4月13日、「防災士チーム柏崎」の勉強会があり、柏崎市前消防長・近藤尚文様よりご講義いただきました。以下はその内容です。

ーーーーーー

積雪時の火災対応

1,消防水利確保の広報について

・降雪時期前の広報かしわざき12月号、消防署HPに必ず掲載
・消火栓、防火水槽の確保に協力要請
・防火線の赤い表示板が目印 
・除雪により埋まらないように(雪寄せ)
・消防署、消防団が除雪

2,令和3(2021)1月の降雪・積雪

・8拠点の降積雪が240㎝超え→対策本部ができる
・1/9~1/11 もっとも大変な時期(特に街中)

3,令和3年1月降雪時の様子

・金属探知機を使って消火栓を確認→掘り起こす

Dsc_2165Dsc_2166

・雪のときは積載 消火栓、防火水槽を出す
・必ず標識版がある

 Dsc_2167_20210414051001Dsc_2168
  


・掘り出したあとに凸凹ないよう埋め戻す(やわらかめ)車が埋まらないように
・河川を利用 水を吸い上げて放水

Dsc_2169

・街中ではオレンジの枠(マンホール等と間違わないように)
→表面の塗料がはげる場合も

Dsc_2170

・高柳 やぐらを組む
・消火栓2口
・地下式消火栓も・・下まで掘り起こす
・横穴を掘り口だけを出す場合も

Dsc_2175 Dsc_2176

 


・格納箱(ノズル、消火栓が収納)昔のタイプはノズルが真ちゅう→盗難も・・
・施錠管理はすぐ使えないためにねじ式
・地下式はスタンドパイプの立ち上がり管 一切設置せず。

 

・大規模災害 公的消防車だけでは消火できない。
 今後は地域の消火栓方式も・・

・市民雪捨て場の様子 従業員2~3人

Dsc_2177

★新花町の消火栓・防火水槽

Dsc_2178 Dsc_2180

*カンガルーの中に消火管が収納 下に防火水槽

・消火栓の表示看板 4.8m先にある

Dsc_2181 Dsc_2182

Dsc_2184 Dsc_2186

・東京の表示 消防車がつかないように

Dsc_2187

4,消防水利とは(消防水利の基準)

Dsc_2188

・2条に定義
 消火栓、施設消火栓、防火水槽、プール、河川、溝等、海、湖、井戸、下水道

・給水能力が定められる
 常時貯水量40㎡以上または取水水量1㎡以上/分、連続40分以上

・管網配管

Dsc_2189-2

・枝状配管

Dsc_2191

・水道管本管 150mm以上が認定

・水利配置 
 市街地 商業・工業100m、その他120m
 市街地以外 140m

Dsc_2192

・円を描いたときに充足率がどうか 基準に満たないとしても使えないわけではない

Dsc_2194

・消火栓 充足率 その場所によって異なる
 消防車が多くの水を出せない

・消防車 火災の近くに配置
・水量が決まっているので同じ管からは出せない

・普段は見やすいが冬場はわからないことがある

・消火栓 明細図を消防車に積載(降雪多く発見できない時に使用)

Dsc_2195 Dsc_2196

・車両の長さと道路幅 一覧表

Dsc_2197 Dsc_2198

5,消防署における消防水利除雪計画

第1次除雪計画→50㎝
第2次 〃  →70cm
第3次 〃 →100cm

*自宅付近の消火栓・防火水槽の除雪をお願いしたい

Dsc_2200

・火災件数は減っている
 防火意識の向上、IHの普及も関係
 ガスコンロ時代は衣服の袖に火が燃え移ることも・・

Dsc_2201

・今の子ども達は火を知らない
 オール電化 生の火を見ない それはそれで心配・・

・令和2年は消防車、救急車の出動が激減した
・救急の要因 いつもは転倒事故が多い(一般負傷)が暖冬で300件ほど減った
・移動がない(コロナ禍) 
・火災14件

・柏崎市全体の水利 約3400
・大きな防火水槽100トン以上 

★火災発生すると
・指揮隊→現場指揮
・他のハシゴ車、放水車が駆け付ける
・火災の状況に応じて呼ぶ件数が増える

Dsc_2202

積雪により被害が拡大する要因

1,積雪時は屋根雪及び建物周囲が雪により埋もれ、火災発生の場合、火煙が建物外に出にくく滞留する等のため、特に留守の場合に発見が遅れる。
2,道路幅の減少、路面凍結等により、消防車到着が遅延する。
3,消火栓・防火水槽が雪に埋もれている、取水口凍結

消防署の冬期間の対応

1,金属探知機、ツルハシの使用
2,凍結対策として、電気ポットやポリ容器にお湯を貯めるなど用意
3,ホースの本数を増加
4,中継体制
5,スノーボード(救急隊は携行)

一般家庭では

1,火気管理に十分留意(コンロ・ストーブ)
2,住宅用火災警報器の維持管理
  5~10年 電池寿命がなくなり探知機も劣化し機能しない場合も→本当に動くのか。
  他の部屋での火災を感知できない場合も・・最近は高額だが無線も
3、消火器の用意
  天井まで炎が上がる直前までなら消せる
4,二方向避難の確保(勝手口、掃き出し窓)
  玄関だけが避難口では逃げられない。
  火災の発生場所を想定し、台所かタバコを吸う場所か・・
  電気火災 トラッキング火災 コンセントのホコリもないように

*高気圧・高断熱化が進み、火災時においては耐火建築物と同様に、室内が濃煙や高温熱気可燃性ガスが充満状態になっており、消火活動の危険性が高くなっている。

*秋田県、東京都、静岡県などで消防士や警察官が消火活動中に殉職。二酸化炭素中毒やフラッシュバックなど

昔の住宅 田の字つくり いったん窓・ふすまを破れば消火できた(思うところにホースライン)

Dsc_2203

現在の住宅 壁圧・板圧 ガスが充満
窓が小さいと有効放水できない

Dsc_2204

ホグネール(槍上のホース)が開発。

外側から放水できず、中に入っても危険が高い。

★自主防災会向けハリアー(街かど消火)

Dsc_2205

リュック式の放水器具  
消防車が来る前に、水道蛇口があれば・・
水道の圧なのでケガの心配少ない。

*家庭用(庭の散水用など)ホースでも、ノズルを金属製の丈夫なものにすれば代用できる。

<補足・質疑など>

●消火器が使われないケースが多い。
実際の火事を目の前にして、判断力を養う。訓練が必要。
消防法の基準通りに設備はあっても使い方がわからないのは×。

●救急出動 1件につき4名の消防署員

●ドクターヘリは最初の命の砦
長岡まで5分 新潟まで20分

一次、二次、三次救命
重症度によって搬送先が変わる。

新潟県は2機 長い地形をカバー
重複することも・・

ヘリの弱いところは悪天候。

★冬季間は救急隊の到着がスムーズにいかない。
 ヒートショックなど急激な寒さなども注意。

繰り返して訓練をする。超高齢化の時代、知識や経験を得ることを続ける。

●柏崎市は病院群輪番制があるため、救急車は必ず受け入れられる。
都会では病院の数は多いがたらいまわしにされるケースもある。

●都心部では住宅が密集しているが大火になりにくい
→近距離に消防署の分署を配置、消防車の所有台数が多い。
*新潟県は大火になりやすい。

Q1、冬期間の除雪は自主的にやるべきか。

A1、行政の命令によって事故が起きると問題に。
   消防団は別。特別公務員として消防署と一緒に出動。

Q2、除雪機のガソリンを簡単に売ってもらえない(免許証の提示が必要、灯油缶NG)。

A2、法的な問題。ガソリンは引火点がマイナス40度。発火しやすい。

Q3、家庭用の消化器は何年かに1回の交換時期だが、見過ごした場合は。

A3、消火器の耐用年数は8年 一般的には粉末タイプと強化液タイプ
   粉には消火剤が含まれ5年経つと消火効力は下がる。
   消火器の保管状況 フタ部分から湿気 実際は10年くらい。

   確認方法 ゆすぶると粉が移動音 音がしないと固まっている。

   消火器には高圧式ともともと圧がかかっているものがある。

   強化液タイプは劣化速度が遅い。ただしホースがひび割れたら交換。

ーーーーーーーーー

降雪時だけでなく消防水利・消火活動全般について理解を深めることができた講義でした。

日頃から、自分が暮らす地域のどこに防火水槽や消火栓があるか確認しておきたいと思います。

2021年4月11日 (日)

海辺の蔵カフェと桃源郷

4月11日は不定期の女子会で「海辺のキッチン倶楽部もく」さんへ行きました。

Img_20210411_173559_076 Img_20210411_173559_113 

「もく」さんには周囲に「行きたい!」という方が多く、私自身もよく訪れています。

笠島満喫ランチは地元産の食材を使ったメニューで、ふだんは海産物が中心ですが、今回は山菜も取り入れられ、美味しくいただきました。

またお店は蔵を改装しているので、天井が高く風情があります。

隣接する蔵ギャラリーでは店主さん(ご主人)のお手製・木彫り観音様が展示されていました。

生き生きとした表情で今にも動き出しそうです。

Img_20210411_173559_240Img_20210411_173559_250

4月からは新たな企画「恋話(こいばな)ロード巡り」もスタートし、先日のモニターツアーに参加した方が早速リピーターとしてご利用だそうです。

Img_20210411_173559_226_20210413025601

「もく」さんの店主さんご夫妻の前向きな姿勢にはいつも勇気をいただいています。

恋話ロードは柏崎の西部地区を中心にした観光コースになっているので、ぜひ多くの皆様にご利用いただきたいです。

 

食後は最近話題になっている谷根の花桃を見に連れて行っていただきました。

Img_20210411_181009_426

Dsc_2147 Dsc_2148 Dsc_2152 Dsc_2154

「桃源郷」とも言われる観光名所であり、谷根地区の美しい景観を華やかに彩っていました。

谷根地区では地元の方々が地域に誇りを持ち、魅力や価値を高める取り組みを続けていると感じます。

こうした自主的な取組を応援しながら、市民が誇りを持てる柏崎にしていきたいと思うところです。

運転していただいたN様、ありがとうございましたm(__)m

 

2021年4月10日 (土)

みんなのにじいろカフェ

4月10日は地域共生こども食堂「みんなのにじいろカフェ」スタッフとして参加しました。

169233136_854506275110094_86585882465272

毎月第2土曜日のお昼に東本町の「キッチンぽてと」で開催してきましたが、今年度からは錦町の「カフェミルク」(社会福祉法人ロングラン内)に移転しました。

メニューはおまかせカレー。子ども100円・大人200円です。

今回は私がメニュー・買い出し担当で、シンプルなポークカレーと春キャベツとごぼうのサラダにしました。

野菜はJA柏崎の直売所「愛菜館」で、その他は「業務スーパー」で購入しましたが、冷凍食品の進化に驚きました・・。

171201676_856862561541132_83085075672077

調理自体は余裕を持って終えたのですが、スタートと同時に大勢のお客様が来場し、最初の20分で満席に。

途中でご飯を追加で炊くなど、これまでにない盛況ぶりでした。

いつもは40(多くても50)名程度を見込んでいるのですが、今回はスタッフも入れると60名を超えたそうです。

開始して間もない頃は、待っていても中々お客様が来ないこともありましたが、4年目ともなるとリピーターも増え、安定した客数を見込めるようになりました。

お子さんを連れた方が多く、何度もおかわりをして元気に帰っていく姿を見ると、やりがいを感じます。

今回は初めて厨房を使わせていただくため、ロングラン職員で厨房を担当するTさんから色々と教えていただきました。貴重な休日にありがとうございました。

こども食堂とは?目的やメリット、これからの課題、支援方法などについて解説

 

2021年4月 9日 (金)

4月随時会議

柏崎市議会は通年議会であり、必要に応じて議長が招集することができます。

4月9日は随時会議が開かれました。内容は以下の通りです。

ーーーーーーーー

◆令和3(2021)年度一般会計補正予算(第3号)6418万2千円

低所得子育て世帯生活支援特別給付金給付事業(ひとり親世帯)

・低所得子育て世帯生活支援特別給付金給付事業費(ひとり親世帯)5975万円
・低所得子育て世帯生活支援特別給付金給付事務費(ひとり親世帯)443万2千円

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得のひとり親及びふたり親世帯に対し、食費等による支出の影響を勘案し、児童1人当たり5万円の特別給付金を給付する国の施策のうち、ひとり親世帯に対し、特別給付金を給付するために必要な給付費と事務費を措置。

低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)

給付対象のひとり親世帯の児童は、1195人を見込む。
(内訳)
・児童扶養手当の受給対象児童が790人
・公的年金等を受給しており、児童扶養手当が支給されていないひとり親世帯、 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となったひとり親世帯の児童405人

支給日については、児童扶養手当の支給日である5月11日までに支給することを予定

厚生労働省 児童扶養手当について

低所得のふたり親世帯に対する給付については、現時点で国の制度が明らかになっていないため、制度内容が示された後、改めて補正予算により予算措置したい。

ーーーーーーーー

国策であり、財源は全額国庫支出金ということもあり、特に質疑・討論もなく可決されました。

コロナ禍により「子どもの貧困」が進んでいると言われますが、実際は「養育者の貧困」であり、経済不安の深刻さをあらためて感じます。

養育者の就業・収入確保をどのように進めていくかという点も重要だと思います。

その後は以下の委員会が開催されました。

◆議会運営委員会
・第5次総合計画後期基本計画策定に議会がどのように関わるか。
・予算決算常任委員会に向けて。

◆広報広聴委員会
・次回5/5発行の議会だより(ギカイのとびら)第1稿の校正について。

午後からは1期生議員の自主勉強会を開催しました。
1期生は6名、それぞれ所属会派や個々の属性は異なりますが、良好な人間関係を築いてきました。
今回は一般質問について、これまで議長や先輩議員から指導されたことや外部資料を元に、情報・意見交換を行いました。
初当選から2年が経過し、議会の仕組みや議会運営について実感を持てるようになった今だからこそ、実りある勉強会になったと思います。
今後も不定期ながらも、続けていきたいものです。

Photo_20210412030801

2021年4月 4日 (日)

春の火災予防運動

4月4日は消防団の春の火災運動として消防車での夜の巡回に参加しました。

団員の皆さんとは顔なじみであり、世間話を通して世相を知ることができます。

168602061_3825303674253628_2341757218342

今年度に入り立て続けに火災が発生しています。

火災はいったん発生すると一瞬にして大きな被害をもたらしますが、その原因の大半は「人」によるものだと思います。

見方を変えれば、各人の心がけひとつで防げる災害でもあります。

野焼きをしない、火の元から目を離さない、たばこの火を確実に消す、タコ足配線を避ける等々・・。

また住宅用火災警報器がきちんと機能するよう、確認することも大切です(10年が取り換えの目安です)。

消防車の半鐘音「カンカーン」が聞こえたら、身の回りに火災要因がないか、意識していただくようお願いします。

2021年4月 3日 (土)

坂田花壇 看板お披露目会

生まれ故郷である西山町坂田では「地域で子どもを育てる」ことが自然に行われています。

4月3日、坂田花壇の看板お披露目会に参加させていただきました。

166217862_3818344174949578_4531522120793

この花壇はもともと二田地区コミュニティセンターのものでしたが、この春から坂田地区に移譲されました。

ちょうど坂田地区の子ども達にとって、西山中学校への通学路に位置することから、坂田町内会・坂田地区資源保全会の皆さんが出資し、新しい看板を設置しました。

この春から13名の坂田の子ども達が中学生になります。

看板には子ども達の夢と希望が描かれたイラストが盛り込まれ、裏側には13名の子ども達の名前が記されています。

コロナ禍でほとんどの学校行事がなくなった卒業学年の子ども達に対する、地域からの温かいプレゼントは、これから先も彼・彼女たちを励まし続けるのではないでしょうか。

168310416_3818344161616246_3543263070219 166579871_3818344171616245_2687618149518

お披露目会のあとは、看板写真と名前入りの色紙と、子ども達に地元の菓子店「ラ・プランタン」さんのシュークリームが用意されていました。

また会場準備・片付けは坂田町内会の皆さんが連携してスムーズに行われました。

当たり前のように助け合い、人の為に尽くせるふるさと坂田は私の誇りです。

西山インター付近を通ったら、花壇と看板をぜひご覧ください。

2021年3月30日 (火)

雪割草

3月30日、「西山雪割草園」さんを訪問しました。

こちらは園主氏の仕事の都合もあり、毎年3月に約1週間開園し、丹精込めて育てられた約1500鉢(!)の雪割草を展示・販売しています。

ですが残念ながら今年はコロナ禍のため中止にしたそうです。(県外ファン多数のため・・)

園主氏が雪割草に出会ったのは23年前。素朴ながらも芯の強さを感じさせる独特の魅力に惹かれ、独自研究によりオリジナルな新花を育て、今では全国・海外にファンを持つ人気園に。

「二段咲き」と呼ばれる独特の花弁は特に人気とのこと。色も形もオリジナリティにあふれています。

Img_20210330_181212_905

花だけでなく葉も美しく、力強さを感じます。

雪割草の花言葉は「自信」「はにかみ屋」、英語だと「confidence(信頼、自信)」だそうです。

ソウイウヒトニ、ワタシハナリタイ、ですね。

2021年3月29日 (月)

社会福祉法人の使命

3月29日、社会福祉法人ロングランさんの評議員会に出席しました。

社会福祉法人の経営組織【厚生労働省】

これまでの活動や新年度事業・体制などを確認し、人材育成と地域ニーズ、BCP(事業継続計画)についての質疑なども行われました。

国は「住み慣れた家や地域で暮らすこと」を推奨していることから、障がい福祉分野の地域ニーズは年々高まっています。

それに応えるべく人材育成やBCP確立に取り組み、「何があっても極力サービスを止めない」という姿勢に感銘を受けました。

*創作活動

Dsc_2038

*就労継続支援b型施設「キッチンぽてと」ランチ

Dsc_2039

社会福祉法人は税金等で優遇されていますが、その分、地域社会に対する貢献度を高めることが求められていると思います。

私自身も以前は社会福祉法人で働いていましたが、人材不足を理由に入所施設が定員を満たせないことには、ずっと疑問を抱いていました。

福祉分野のニーズは「命・人生に関わる」と言っても過言ではないような、切実なものが大半だと思います。

ただ単に人を集めればいいわけではなく、使命感を持って業務を継続させようとする人材を育てていくことが、これからの福祉業界(介護も含む)の課題なのかもしれません。

令和3年度からは 介護・福祉従事者人材育成・確保支援事業 がスタートします。 

「誰もが最期まで安心して暮らせるまち」にするための人材育成・確保であることを意識しながら、事業についても注視していきたいと思います。

2021年3月28日 (日)

女性消防隊・定期総会

3月28日、女性消防隊の定期総会がありました。

令和2年度はコロナ禍の影響で消防団自体がほぼ活動できない中、広報活動や消防大会の補佐をメイン活動とする女性隊は、まったく活動できない1年となりました。

メンバーも全盛期に比べて半減していました。

女性隊に入るには、まずは消防団員となることが必要ですが、その消防団員自体が減少しています。

消防団員に対する令和3年度予算は1458名ですが、実数は1317名。

大きな理由として、団員報酬を昨年から銀行振込にしたところ、いわゆる幽霊団員がごっそり抜けたのだそうです。

その一方で学生消防団員(学生消防隊)は現在48名で大人数となっています。

サークル活動的な雰囲気もあり、毎年安定的な団員確保がされており、学内で応急手当講習や防火啓発活動を行うなど、自主的に活動しているそうです。

意見交換では、消防団勧誘のためのPR動画(既存)を市役所デジタルサイネージで流すこと、女性隊のPR動画作成や応急手当スキルアップ講習、コロナ禍でも可能なPR方法など、前向きなアイディアが出されました。

また女性消防隊の関連団体である「柏崎女性防火クラブ」では、街頭活動が制限される代わりにエコバッグを使い、防火啓発に努めてほしいということでした。

Photo_20210331155401

4月上旬には消防団の春の火災予防運動も始まります。

できるかたちで、できる限り、活動を継続していきたいと思います。

 

2021年3月25日 (木)

恋バナロード・モニターツアー

3月25日、笠島の蔵カフェ&蔵ギャラリー「海辺のキッチン倶楽部もく」さんの新企画モニターツアーに参加させていただきました。

新企画「恋バナロード」は、柏崎市の様々な「恋」にまつわる史跡や景観を楽しむランチ付き半日ツアーです。

まずは笠島海岸に集合し、海の大鳥居を参拝。

Koi16

Koi2

1月の大雪で大鳥居が壊れてしまったそうです( ;∀;)

次いで「もく」さん店内でお弁当をいただきました。

Koi4

Koi5

笠島を中心とした柏崎の海産物・食材を使った豪華なお弁当です。

その後は「恋」にまつわるスポットを巡りました。

●酒の新茶屋さん2階から青海川駅(TBSドラマ「高校教師」のロケ地)

Dsc_1995

●恋人岬

Koi6 

Koi11

●番神堂(パワースポット)

Koi14

Koi7

Koi15

●弁天岩

Koi9

 

写真以外にも様々な「恋」の史跡を見ながら、最後は市役所新庁舎で解散しました。

163001336_196274791936877_74556102884916

今回のモニターツアーをもとに、4月から本格始動だそうです。

「恋のまち柏崎」をかたちにした手作り観光、応援しています。

Koi10

«令和3年2月定例会議 最終日

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ